Home Fashion アパレル店員は性格悪い?本当にそうなのか徹底リサーチ!

アパレル店員は性格悪い?本当にそうなのか徹底リサーチ!

by Webvel

アパレル店員は「性格悪そう」とよく耳にする言葉です。

男のアパレル店員の世界ではそんなに性格が悪いという声はあまり聞こえてきません。

女性の販売の世界では、割と多く「あの人は性格が悪い」と噂が多い世界かもしれません。

実際にアパレルの店員さんは本当に性格が悪いのでしょうか?

僕自身もアパレル会社に勤務していた時は自分のいた会社で多くの販売員を見てきました。

前職で会社を設立した際には、僕自身が職業紹介業の免許を取り会社として人材紹介業を営んでいた為、数多くのアパレル会社状況や販売員を見て、個人的に思っていることを解説します。

ショップの店員さんになったばかりの方や、これからショップの店員になる人たちなど、是非参考にしてみてくださいね。

アパレル店員は性格が悪いというか、気が強い人は多い気がする

沢山のアパレルの店員さんを見てきましたが、一般の世の中と一緒で、性格の悪い人もいれば、性格がすごく良い人もいます。

店長さんやエリアマネージャーなど、地位の高い人もすごく良い人はいます。

基本的には綺麗な人や美意識が高い職ではあると思うので、プライドが高めと印象もありますよね。

結果、全体的に気が強いタイプの人が多い職種だなと個人的には分析します。

とはいえ、気が強いと性格が悪いは、似ているようで全然違います。

気の強さは、社会を渡っていく上で、ある種大事なスキルですが、気の強さを出す方向性を間違うと性格が悪いと思われてしまいます。

どんなところが性格が悪そうなのか?

まず、アパレル店員の性格が悪いと思われている一番の原因は、接客にあると思います。

接客がウザいと思っている人が世の中にたくさんいるにもかかわらず、個人の売り上げのノルマがキツい。

そして、ますます焦ってウザい接客をする店員の態度を見て、「性格が悪い」と思われるんですね。

(関連記事:アパレル販売員の接客がウザがられるのは、自分がされたら嫌なことをしてるからです!

そして、新卒の時に強い先輩がいて、熱心に教えてくれる先輩がいなくて放置されたり、運悪く強く当たってくる先輩などがいて、その結果、気が強くならなければやっていけないと心に決めて強くなっていくケースも多いと聞きます。

その気の強さが、悪い方向に出てしまうと「性格が悪い」と思われてしまいます。

そもそも対面で接客しているので、お客さんとの会話ややりとりを全て楽しめれば良いのです。

しかし、様々な性格の人を接客しなければならないので、そうもいかず傷つくことも多いため次第に気が強く、そして方向が間違えば性格が悪くなってしまう方もいるのだと思います。

ちょっとかわいそうですよね。。

気が強くても性格が悪くない実例

僕の妻はアパレル販売員に6年間務めていて、とても有名な百貨店で副店長をしていたのですが、たしかに気が強いところは非常にあります。

妻に聞いてみると、先ほどの新卒の時にあまり世話をしてくれる先輩がおらず、しかも虐めてくるような先輩がいたりして、次第に強くなっていったようですね。

それから本当に性格の悪い店長の下で働いたこともあったようで、その時はとても消耗したそうです。

でも、その時のおかげで、自分が上に立った時には、下の子を庇ってあげられるような上司になろうと誓ったそうです。

というわけで、気が強いという能力は、最初は持っていなかったのですが、社会にもまれていくうちに、だんだんと気が強くなっていった訳ですね。

気の強さが良い方向に出ると、頼もしい人間になるのは言うまでもありません。

なので、頑張って続けるのも良い道だと思います。

ちなみに、その性格の悪い店長は退職して、次に行った違うブランドでは威張ることが出来ずに、大人しくなってしまったということです。

あまり気が強く性格が悪いというのも社会では上手くいかないという見本ですね。

これからの世の中は信用が大事!性格が悪いのはリスクでしかない。

しかしながら、ブランドやショップによるのですが、女の世界でマウントの取り合いしているところは多く存在します。

そのような場所で働いてしまうと、消耗してしまうばかりか、自分まで性格が悪くなってしまうことになります。

これからの世の中は信用が大事で、性格が悪くなってしまうと、SNSなどの拡散によって信頼が失われるのはとてもリスクが高いです。

何をするにも個人の信用が大事になってくる世の中にどんどんなっていきます。

なので、ストレスによって自分の性格が悪くなるような職場はやめて、お互いに高め合っていくようなブランドやショップで働く方が、人生を考える上でとても大事なのではないかと思います。

そして、接客や販売が大好きな人であれば、違うブランドに転職してみたり、少々嫌な職場でも我慢できると思います。

(関連記事:アパレル転職エージェント会社を比較しました。オススメは全部です。

しかし、そこまで自分は接客に向いていない、だけど洋服は大好きだと気づいた方などは、このインターネット・WEBの世の中なら、色々な方向から洋服に関わることも可能な時代だと思います。

ですので、販売をやりつつでも副業などをしてみるのも、僕としては非常に良い方法だと思います。

(関連記事:アパレルで働きつつ副業してる人になりましょう。

様々な自分自身の可能性を考えて、性格の悪い人にならずに進む方向を考えてみてはいかがでしょうか?

このブログでは、アパレル業界での悩みの解決などの記事や、インターネット・Webで仕事をする方法などを発信しています。【おすすめ記事:副業・フリーランス向け。ブログのメリット10選

ぜひ違う記事も読んで、自分なりに行動をしてみてください。

TwitterでのDMは受け付けています。

それでは!

You may also like