Home WebWebの仕事 Payoneerの使い方。海外送金お得にできる簡単な方法を教えます。

Payoneerの使い方。海外送金お得にできる簡単な方法を教えます。

by Webvel

Payoneer同士の送金手数料が無料で、自分のアカウントから自分の銀行までの為替手数料は2%と、お得な送金サービスPayoneer。

最もよく使う機能の支払い請求の使い方を紹介します。

Payoneerのアカウント登録はこちらから

Payoneerとは

Payoneerは2005年に米国でスタートした外貨決済サービスです。

主に越境EC(海外ネットショップ販売)ビジネスを展開する企業や個人事業主が利用しており、現地の外貨売上金を受け取るためのオンライン口座を10分ほどの手続きで作成してくれます。

世界的な経済誌「Forbes」の『2020年版フィンテック企業50選(英語原文)』にも選出され、Amazon、Airbnbといったグローバル企業とも提携しており、世界でも有数の革新的な金融テクノロジー企業として注目されています。

と、いう安心して利用できるサービスなのですが、日本側のサポート人員が不足しているのかちょっとわかりづらい箇所がありましたので、自分自身の備忘録も兼ねて、わかりやすく説明したいと思います。

支払い請求の使い方

 

1.  ログインしてPayoneerのアカウントへ。

2. メニューから、[受取り] → [支払いを依頼する]に移動します。

支払い要求の送信を開始すると、身元と事業内容を確認する情報を提供するように求められます。
これは、Payoneerの利用規約に基づいてサポートされていることを確認し、詐欺や個人情報の盗難を防ぐために必要とのことです。
追加情報が必要な場合は、メールで連絡が来るとのこと。


3.【送金元を選択】の部分。請求するクライアントに初めて支払いをリクエストする場合は、【新規送信元を追加】。


もし既に送金されている履歴がある場合は、連絡先からリクエストを送信する支払人を選択します。

支払人のタイプ(会社または個人)を選択し、支払人の名前、WebサイトのURL(会社からの支払いを要求している場合)、メールアドレス、担当者の氏名、支払人の国などの支払人の詳細を入力します。

そして【次へ】を押します。

4.  以下を含む支払いの詳細を入力します。

金額、通貨、支払い期限(この日付を使用して自動支払いリマインダーを送信します。)、あなたが支払いを要求しているものの簡単な説明を記入します。

そして【次へ】を押します。

 

5. 請求書、契約書、作業サンプルなど、最大5つのドキュメントをアップロードします(オプション)


6.  [プレビュー]をクリックして、支払人が受信する電子メールを確認します。

 

7. すべて問題がない場合は、[支払いをリクエスト]をクリックしてリクエストを送信します。

これでこちらの請求での作業は終了です。

送られた相手が[今すぐ支払う]をクリックすると、クライアントはPayoneerの支払いプラットフォームにリダイレクトされ、そこで請求書を支払うことができます。

 

8. 支払いが承認されると確認メールが届き、さらにPayoneerアカウントに支払いが入金されたことを知らせる別のメールが届きます。

 

以上が流れになります。

Payoneerは、ちょっと分からないことがあっても、日本語の電話サポートがなくて困ることがあるかと思います。

こちらのブログでは、その不便さを解消するメモを残していきたいと思います。

サポートの不便さを差し引いても手数料の安さはかなりメリットだと思いますよ。

Payoneerのアカウント登録はこちらから

You may also like