Home Fashion アパレル販売員が抱えている悩み。目標を立てて一つずつ解決しましょう。

アパレル販売員が抱えている悩み。目標を立てて一つずつ解決しましょう。

by Webvel
 

アパレル販売員の悩みはどんなことがあるんだろう?
悩みの解決方法はあるのかな?

という販売員さんや、これから販売員さんになろうとする方は思っている人は多いですね。

僕は前の会社で人材紹介責任者の免許を取り、会社で職業支援をしていましたので、悩みの相談をよく聞いていました。

そして、妻が1年ほど前までアパレルの販売員でしたので、家でよく相談に乗っていました。

それではまいりましょう!

悩みは目標を持つと除外に解消されると思いますよ。

厳しいことを言っているように聞こえてしまうかもしれませんが、どんな仕事でも基本的に悩みはありまして、全部の悩みを完全に解決することはありません

特にアパレル販売員さんは接客業なので、華やかな反面、人に会う回数がとても多く、人間の悩みの大半は人間関係の悩みというくらいですから、悩みが多い職業の一つだと思います。

悩みというのは次から次へと出てくるものなので、全ての解決は不可能だと思いますが、個々の悩みを解決したり、和らげたりするアドバイスはできると思いますので、紹介していきます。

そして何より、悩みを解決するというよりも、何かしらの目標を持つことが重要と考えています。

目標を持つことにより、悩みが行動に変わるから。

目標は仕事の目標でもいいですし、家族や人生のライフスタイルの目標を持つのも良いと思います。

何かしらの目標を持つと、悩みがちっぽけに感じたり、目標が道しるべとなって解決したり、時には立ち向かい、時には逃げたりするといった行動に変わって行くと思います。

僕自信も悩みがある時は、自分の元々考えた目標にむかって最短の道を行くことによって、悩んでても仕方ないといったマインドに変えてひたすら行動したりします。

結局のところ、大半の人は、自分が進みたい道にしか自分は進もうとしないんだと思います。

なので、出来るだけ会社に頼らない、自立した目標を立てるのが今の時代にとても大切なことだと思います。

アパレル販売員さんは、どんな悩みがあって、どのように行動するかの具体的な例を挙げてみたいと思います。

具体例にいく前に。他のお悩み相談サイトのあるある。

Googleで【販売員・悩み】などと検索してみても、ポジショントークでQ&Aをしているサイトや、どうでもいいいような悩みの答えなどが多く書かれているサイトがありますが、そういう回答はしません。

例えば:

Q:50代で販売員は出来ますか? A:未経験でも大丈夫です! →条件が良くないケースがほとんどでしょう。

足が浮腫むのが悩みです →立ち仕事を辞めた方がいいです。

家でも畳み癖が治りません →かなりどうでもいいです。


と言った感じです。。。ふざけんなって感じですよね。

おそらく、みなさんが本当に抱えている悩みはこのようなことではなく、もっと深い悩みだと思います。

そして、ポジショントークの答えは必要なく、本当の答えが知りたいのだと思いますので、ある程度深い悩みについて答えたいと思います。

悩みを目標に変えた場合の行動具体例。

それでは具体例をあげていきます。

人それぞれの目標によって答えは違っていきますので、すべての人に当てはまるわけではないので、ご了承ください。

給料が少ない。お給料が上がらない。将来が不安。

目標が今の会社で働き続け、給料・将来に不満がある場合は、副業をオススメします。

今の時代は、Webライターなど、インターネットを利用した副業が良いと思います。

あとは、最初のうちは稼げないと思いますが、資産を作るという意味で、ブログやアフィリエイトをすることもオススメします。勉強法はWEB担当に抜擢!WEBマーケティング初心者のためのオススメ勉強法

目標が今の会社に居続けることではなく、収入を上げていくのが目標であれば転職することをオススメします。

キャリアがある方はハイブランドなど販売員でも高収入を得られるブランドや会社もありますので、給料の高いところに行くのが良いかもしれません。

そこまでアパレルにこだわっていないのであれば、個人的には景気が良くて基本的な給料の高い業界のWEB・ IT業界をオススメします。

その際には転職エージェントに登録するのが必須だと思いますので、この記事をご覧いただけたらと思います。<アパレル業界からWeb・IT業界未経験で転職支援会社に登録した感想>

土日に休めない

これはどちらかというと、分かっていたことだと思いますし、もしかするとくだらないことのような気がします。

しかし家族の関係などで、土日休みたいというのは大切なことです。

やはり、目標によって選んでいく道も違うと思うのですが、目標が今の会社で働き続けていくという目標であれば、なんとか土日の1日だけでも休めるように交渉してみれば、叶うことも少なくないと思います。
もしくは、内勤を希望するのがいいと思います。

もし目標がライフスタイルを優先したく、どうしても土日が休みたい場合は、違うアパレルの内勤に転職するとか、違う業界に転職するのがいいと思います。その際は<アパレル業界からWeb・IT業界未経験で転職支援会社に登録した感想>を読んでみてください。

ストック整理などの裏方仕事が多く、店頭に出してもらえない。

これも良くある悩みだと思います。

結局、裏方の仕事も含めて販売員の仕事なのですが、売り上げを取らなければ評価はされません

ですので、会社の方針にもよりますが、販売して売り上げを上げることを優先した方が、会社としても個人としても良いことだと思いますので、少々裏方仕事が終わってなくても店頭に立つという意識でいた方がいいと思います。

スキルアップとしても、裏方仕事が上手くなるよりは、対人でのスキルが上手い方が今後の人生においても役に立つと思います。

社歴順でしか出世出来ない。

アパレルは古い体質の会社が多いことは確かで、いまだに年功序列の風習があります。

それは、アパレルの全盛期がちょっと昔だったために、その余韻があるため昔のやり方が改善されていないんですね。

ある程度仕方のないことなのかもしれませんが、会社側の体質が変わるべきだと思いますので、積極的に本社の方と交渉することが良いと思います。

今後の会社の未来を改革するという気持ちで、前向きに発言していけば、決して悪いことではないと思います。

それでダメなら、新しい考えを持った会社に転職する方が、自分に合っているかもしれません。

陰ながら応援してます!

販売員不足なので交渉の余地あり。交渉してダメだったら転職しましょう。

アパレルは不況と言われつつ、慢性的な人手不足です。特に販売員さんに至っては深刻な人手不足になっています。

ですので、会社側も辞めてもらいたくないので、給料や待遇の件で交渉の余地があると思います。

会社の方も変わっていかなければならないという思いがあると思いますので、前向きに相談していくことをオススメします。

それでダメだったら転職しましょう。

販売員さんは深刻な人手不足ですので、再就職することは全然難しくありません。

ひとまずアパレル人材紹介の最大手のクリーデンスに登録しておくのも良いことだと思います。

(関連記事:アパレル転職エージェント会社を比較しました。オススメは全部です。


ちなみにWEB・IT業界もかなり人手不足なので、業界をチェンジするのもオススメします。

アパレル業界、WEB・IT業界、どちらも悩みや転職の相談があればTwitterにDMください。

それではGood Lifeを!!

You may also like